五大虚空蔵菩薩像 春季特別公開

画像


神護寺の五大虚空蔵菩薩像は仁明天皇の御願により
弘法大師の高弟真済僧正が承和3年(836)から承和12年(845)の間に建立した、
宝塔院の本尊として安置された
現在は昭和10年に建立された多宝塔内に横一列に安置されています
画像



各尊は檜の一木造りで乾漆で彩色されており、奈良時代から伝わる木心乾漆像の技法が見られる

鎮護国家の修法が毎年春秋2回行われた故事にならって
五大虚空蔵菩薩像の祈願法要とともに 特別公開をいたします!
画像




春は5月13日~15日の3日間
丑、寅年の方にとっては守り本尊でもありますので
ぜひこの機会にお参り下さい。

この記事へのコメント

みやび
2010年06月04日 10:17
以前は事前に申し込みが必要だったと思いますが、これから毎年、春と秋に特別公開して頂けるのでしょうか。
それとも、今年に限っての公開なのでしょうか。
お伺い致します。

この記事へのトラックバック